商品先物取引の宴

商品先物取引とは

商品先物取引とは何でしょう?


最近、資産運用や老後資金の確保の為、金融に関する関心がかなり高まってきています。

 

そんな中、先物取引の一種である商品先物取引にも、かなり興味を持っている方が増えてきているようです。

 

とはいっても、商品先物取引は、まだ数ある金融取引の中では、マイナーな部類に入るかもしれませんね。

 

そんな商品先物取引に関して、簡単にですがご説明します。

 

商品先物取引は、農産物、鉱工業材料などを対象商品として取引を行い、その値動きによる差額によって利益を得るというものです。

 

株取引が、会社の株価の上下動によって、あるいはFXが為替の変動によって利益が生まれるのに対し、この商品先物取引は、大豆やコーヒーなどの農産物、金やアルミニウムなどといった工業品の値段の上下動によって利益を得るというものなのです。

 

農産物や工業品を扱う事で、より身近な商品の価格変動を呼んでいく分、株や為替よりも簡単なように思えますが、実際には簡単ではないですし、かといって難しくもありません。

 

比較的安全に稼ぎやすいとはいえるものでしょう。

 

さて、商品先物取引というと、一般的に危ない、ハイリスク・ハイリターンな値動きが荒く怖い、ギャンブル的なものという悪いイメージが持たれています。

 

よほどプロの投資家でなければ手を出さないほうが良いといわれ、一般人にはとても遠い存在のものと考えられています。

 

それでは、なぜ商品先物市場は存在しているのでしょうか。

 

「まずは先物取引を知ろう」 のページへ続く