商品先物取引の宴

商品先物取引 空売り

空売りとは?


商品先物取引では売りポジションからの取引も行えます。

 

このことを、「空売り」といいます。

 

FXでも同じシステムがありますが、これはとても便利です。

 

通常、金融取引というのはまず取引対象となるものを買い、その後価格が変動してから売るというのが一般的です。

 

しかし、商品先物取引では、まず手元にないはずの商品の権利を証券会社から借りてそれを売り、価格が動いた時に買い戻してそれを返すというものです。

 

理屈としては難しいですが、慣れれば簡単にこなせます。

 

これによって、普通は購入する商品の価格が上昇した時でないと差益が発生しませんが、売り注文から入れば価格が下がった場合に差益が出るので、戦略の幅が広がるのです。

 

 

「商品先物取引のメリット1」 のページへ続く