ネット商品先物取引

    マイペース&低価格でトレード「ネット取引」
  ネット商品先物取引

「ネット取引」と、「対面取引」

商品先物を取引する方法は大きく分けて2通りあります。

対面販売中の「投資顧問」 ネット取引対応商品先物会社 「ネットトレーダー」
商品先物取引 投資顧問

【クローズド】「コムテックス」口座開設プロモーション

COMTEX

先物取引 トレーダートレーダー

インターネットを介した「「ネット取引」」と、
商品先物会社の担当者をアドバイザーにした「対面取引」です。

 

以下に、「ネット取引」と、「対面取引」の特徴をまとめましたが、当サイトでは、ネットで取引できる商品先物会社を紹介してますので、「ネット取引」の詳細を説明を説明していきます♪

ネット取引の特徴

  1. 取引手数料が安い
  2. マイペースで取引できる
  3. さまざまな情報、分析ツールが使える
  4. モバイル対応ならどこでも取引できる
 

対面取引の特徴

  1. 相場の分析がタイムリーに聞ける
  2. 初心者でも丁寧なアドバイスを受けられる
  3. アドバイザーと取引方針を決めておける
  4. 情報を集めておいてくれる
 

手数料激安!マイペースでできる!

手数料

ネット取引の魅力はなんといっても手数料の安さです。

マイペースでトレードを進められることもメリットの一つです。

モバイル対応をしている業者も多いので、時間や場所を選ばないのもネット取引の大きなメリットです。

 

株取引でもFX取引でも、ネット取引の提供会社は、多様な分析ツールや情報の提供に努めています。

分析ツールや情報で知識を蓄え取引のコツをつんで、インターネットによる商品先物取引に励めば、ネット取引の特徴を最大限に引き出せます。^^

 

夜間の急な価格変動にも即座に対応可

取引に時間と場所の制約を受けない大きなメリットがあるネット商品先物は、日本の夜中に海外で予想外のニュースが流れたり、重要な経済指標が発表されて相場が急変するような価格変動にも即座に対応出来ます。

 

ネット商品先物取引、は取引所の注文受付終了時間まで受注しますから、夜間取引時間の途中で注文受付を終了してしまうケースもある対面取引に比べて、急な価格変動時の優位性は大きいのです。

 

ネット取引はモバイル機能を備えていますから、スマホ(スマートフォン)や携帯電話があれば、国内の外出先や、海外からの注文発注も可能です。

 

デモ取引で学ぶ

ネット商品先物取引では、プロのアドバイスを対面取で受けられません。

 

しかし、商品先物取引に精通していない初心者の方でもネット取引業者の大多数の会社が提供しているバーチャルトレード(仮想売買)のデモサービスを利用してネット先物取引を勉強して慣れることによって、対面取引の長所をネット取引に活かせます♪

フジトミの先物取引
オンライントレード
『FujitomiOnline』

【クローズド】「コムテックス」口座開設プロモーション

COMTEX(コムテックス)
オンライントレード
『TradeOneSmart』

売買シュミレーションを繰り返して注文の出し方を理解したら、内外の市況はもとより、時々刻々と変わる価格を分析するためのさまざまなツールが用意されていますので、それらを活用して、取引戦略を立てる訓練を重ねます。

 

そうすることで、自然と投資テクニックは向上していくでしょう!

 

自分の損益状況を瞬時に把握可能

更に、ネット商品先物取引の特徴は、自分のポジジョンにどれくらいの利益や損失が発
生しているのかを瞬時に把握できるる点にあります。

つまり、このことにより、預け入れ証拠金や委託証拠金の額などの自分の現在の取引口座状況を把握できるため、今後の取引戦略を価格変動の予測に合わせて、構築しやすくなります。

株でもFXでもネット取引では、この取引戦略に基づく注文の発注を可能にするシステムが備わっていることが、かなりの利点です。

 

商品先物取引について

およそ300年前、大阪の近くにある堂島取引市場に集まった米商人たちが、現代のデリバティブ(金融派生商品)産業を生み出しました。

 

それは、コメ商人たちは古典的な経済上の問題に直面していたからでした。

 

米の売価が、生産コストよりも大きな振れ幅で変動するため、米商人たちの経済状況は極めて不安定になっていたのでした。

お米の季節

そこで、彼らは将来の決められた日付に、あらかじめ定まった価格で米を届けることを記す証書を書き始めました。

 

市場が進化するに連れ、実際に米を一切保有せずとも、証書だけを取引することが可能になりました。

フジトミの先物取引
オンライントレード
『FujitomiOnline』

【クローズド】「コムテックス」口座開設プロモーション

COMTEX(コムテックス)
オンライントレード
『TradeOneSmart』

さて、このように、およそ300年前に始められたたデリバティブ取引の先物取引ですが、2つの点において特筆すべきでしょう。

手数料
 

まず、先物取引が、事業の不安定を取り除きたいという、米商人の実需から生まれたこと。

 

そして、これらの取引を編み出したのが米商人であり、何年もの高等教育を受け、洗練されたコンピューターの収支予測モデルを持つ金融家ではなかったことです。

 

およそ300年前の米商人の金融イノベーションは米の生産という、現実に価値を生み出す経済活動に根ざしていたのです。

 

米商人は、いつの間にかグローバル経済の大半を支配し、それ自身が自己目的化した金融エンジニアリングの類ではなかったのです。

 

「現在のデリバティブトレーダーのうち、いったいどれだけの人が、自分が取引している商品のことを理解しているのだろうか?」

 

「ある企業から債券を買い入れ、それを商品先物や為替相場の変動に対してヘッジしようとする時、トレーディングを始めるよりも前に、原油を触ったり、実際にコーヒーなどの商品を触ったり、香りを嗅いだりしたり・・・・・彼らはその取引の原資産となっている有形の資産について考えることがあるのだろうか?」

 

「エクセルで収支予測を作ったり、パワーポイントで戦略プレゼンテーションを作ったりすることに没頭している経営幹部やコンサルタントがどれほどいることか?」

  

など、など、江戸時代の堂島取引市場に集まった米商人たちに思いを馳せると考えてしまわないでしょうか?

 

当サイトでは、商品先物取引の基礎知識を載せてみました。

 

また、オンライントレードで先物取引が出来る業者も比較するページ載せてますのでお役に立てれば嬉しい限りです♪。

 

モバイルも対応のネット商品先物取引会社【コムテックス】【フジトミ】

ネット取引の特徴

  1. マイペースで取引できる
  2. 夜間取引にも対応している
  3. 取引手数料が安い
  4. 複数注文などさまざまなツールが使える
  5. テクニカル分析ツールが使える
  6. 取引会社がモバイル対応なら、スマホでも取引できる
  7. 模擬トレードやデモ画面で売買シュミレーションが行える
  8. 現在の金額や枚数の(ポジジョン)買売状況が瞬時にわかる。

ワンクリックで高速発注「Tradeone Pro」 商品先物取引ならコムテックス

先物取引【フジトミ】オリジナル相場情報や相場分析ソフトなど充実のサービス